点滴療法

高濃度ビタミンC療法

超高濃度ビタミンC治療はガンの治療における補完治療の一つです。
ビタミンCを一回50gから100g点滴することにより、がん細胞内で過酸化水素を形成し、正常細胞に影響を与えずにガンの細胞死を誘導するという治療法です。現在、米国では、高濃度ビタミンC療法がガンの化学療法剤として可能性があることがアメリカ科学アカデミー紀要(PNAS 2005,2007年)に発表されています。
日本では点滴療法研究会を中心に400人の医師が高濃度ビタミンC療法を導入しています。

がん患者さんのQOL(生活の質)の向上をサポートします。
高濃度ビタミンC療法が可能であることを検査で確認してから実施しております。
週2回投与が基本です。
月一回はビタミンC血中濃度を確認し、投与量を決定します。
詳細は外来受付までお電話ください。
ご希望の方は予約をお願いいたします。
美容目的のかたや放射線被ばく障害予防の観点よりビタミン治療を希望の方も受け付けております。

詳細はこちらをご覧ください。http://www.iv-therapy.jp/index.html

ページトップ