東洋医学・アレルギー

東洋医学では、一般内科での診察や検査を基本として、治療として、漢方薬や鍼灸治療を中心におこなっていきます。
人間が持っている本来の自己治癒力を引き出せるように、食事、運動、嗜好品や職業などの生活歴、いままでの病歴等詳しくお聞きします。
東洋医学独自の診察方法(脈診や腹診など)を駆使して、証(東洋医学的にみた体質と病態をあわせて診断したタイプ)に最も適した治療薬を選択します。
漢方薬はエキス剤が中心です。
種々のアレルギー疾患にも漢方薬を中心に治療します。
花粉症やアトピー性皮膚炎の治療に漢方薬を取り入れてみてください。
またアレルギー以外のどんな症状にも漢方薬や鍼灸治療を組み合わせて治療を行います。
いままでの治療に漢方や鍼灸治療を取り入れてみてください。

ページトップ